いつの時代にも日本のみならず世界で男性が悩む問題である性事情。一昔前まではどうすることもできなかったが、医学の進歩とともに解決する世の中になってきました。そんなダポキセチンを紹介していきたいと思います。

ダポキセチンの画像

射精スイッチを止めるダポキセチンは代引き購入可能?

ダポキセチンは早漏を改善できる画期的な内服薬として、世界各国で利用されています。従来の早漏防止薬は、ある種の局所麻酔薬に近いものが多く、皮膚感覚を弱めることで射精までの時間を延長していました。これでは性感も抑えられてしまうため、早漏は治っても勃起不全を起こしたりすることがあります。
ダポキセチンの作用機序はこれとは全く異なり、脳内物質セロトニンの再吸収を抑制するというものです。射精のスイッチとなるのは、同じ脳内物質のノルアドレナリンで、これは攻撃性や興奮を司る作用があります。セロトニンはノルアドレナリンの働きを抑え、リラックスした気分をもたらします。ダポキセチンの効果によってセロトニンの濃度が上がれば、興奮が静まり射精までの時間が延びると考えられます。
ダポキセチンは医療機関でも入手できますが、保険が利かないため高額になります。海外では安価なジェネリックも販売されていますが、日本では承認されていないので、薬局では手に入りません。そのため購入するには、原則として個人輸入の形を取るしかありません。現在では多くの個人輸入代行業社があり、通販サイトを開設しています。
これらのサイトでは、代引きは利用できないことが多いので注意してください。というのは、法律的には輸入するのはあくまで薬を使う個人であり、業者は代行するに過ぎないからです。販売元は海外にあるので、日本の代引きサービスを使えません。なかにはダミー会社を使って、代引き可能としている業者もありますが、基本的に転売目的で輸入することは違法となるため、法に触れるかどうか微妙なところです。利用する際にはこうしたリスクを理解しておく必要があります。