いつの時代にも日本のみならず世界で男性が悩む問題である性事情。一昔前まではどうすることもできなかったが、医学の進歩とともに解決する世の中になってきました。そんなダポキセチンを紹介していきたいと思います。

ダポキセチンの画像

ポジティブに?ダポキセチンとアルフレッド・キンゼイ

アルフレッド・キンゼイは、アメリカで性に関する様々な疑問や悩みなどに関するアンケート調査や、研究をしてきた人で、性に対して閉鎖的だったアメリカ国民の意識を性に対してオープンにしたという功績があります。その活躍は映画などにもなっていて、日本においても雑誌等で研究結果が引用されることが多く、現在でも性に対する悩みを抱える人たちによって、読まれ続けています。ダポキセチンは、脳内のセロトニンの量を安定させることができるので、不安や緊張によって、落ち込んでいる気持ちをポジティブにすることができます。セロトニンは通常の場合は、太陽の光を浴びることで分泌されるのですが、ストレスが多すぎると不足しやすくなるので、ダポキセチンなどのSSRIの薬を服用して、減少するのを抑えます。早漏やEDは精神状態が関係しているので、ポジティブな気持ちでセックスをするだけで完治する場合もあります。動脈硬化などの病気が原因の場合には、勃起改善薬を服用してからダポキセチンを服用することで、正常なセックスができるようになります。糖尿病の神経障害で勃起できない場合も、ペニスを勃起させることはできますが、体力が低下していると早漏の症状が出ることもあります。早漏の治療薬はSSRIの薬が一般的になりつつありますが、局所麻酔成分を含んでいる外用薬でも予防することができるので、症状に合わせて薬を使い分けることが大切です。保険が適用されないので、医療機関で治療をすると全額自己負担になります。薬だけ購入する場合には医療機関よりも個人輸入のほうが料金が安いのですが、100%本物の薬を手に入れたい場合には、医療機関で割高のSSRIの薬を購入する必要があります。